飲食店を開業するのに必要な資格

こんなに必要なの?飲食店開業に必要な資格とステップ

必須資格は1つだけ!食品衛生責任者とは?

「食」は生命活動をする為に必要なのはもちろんですが生活を豊かにしてくれる娯楽でもあり、人が人らしく生きていく為には必要不可欠なものです。それをビジネスにしているのが飲食業界で、今も昔も多くの店舗やサービスが輩出されています。飲食ブームは終わる事を知らずこの先もどんどん新しいビジネスが参入していく中、飲食業界に参入したい!と思う方もいます。
ちなみに飲食店を開業するにあたって、どんなステップを踏めば良いのでしょうか?まず飲食店になるお店を用意しなければならないので、物件選びから始まります。イチから全て設備を揃えるのも良いですが、近年では居抜き物件と言って前入っていた飲食店の設備をそのまま買取・レンタル出来るお得な物件もありますので、どんな物件にするかは事前に確認しておきます。厨房設備を導入する場合は新品・中古どちらにするかも考えておくとスムーズです。
その後、食器や小物など小さなものを買い揃えていきます。この時、事務所の備品も一緒に購入するのがスタンダードです。それからは税務処理や必要な許可証、申請に手続きを行い問題が無ければ食材の仕入れを行います。ここまで来たら後は開業するだけですが、そもそも飲食店は誰でも開業出来るのでしょうか?
それは大きな間違いで、飲食店を開く場合はある資格が必要になります。ここでは必須資格だけでは無く、持っていると便利・有利になる資格をピックアップして紹介しています。